松崎町が町政懇談会開始 道の駅、診療所など説明

下田版 2019年06月13日

町の説明に耳を傾ける町民たち=松崎町の旧中川小
町の説明に耳を傾ける町民たち=松崎町の旧中川小

 ■15日まで4カ所

 松崎町は11日夜の旧中川小を皮切りに、町内4会場で町政懇談会を開いている。本年度の重点施策について個別事業を説明し、道の駅・花の三聖苑、旧依田邸の整備活用や診療所の誘致について町民の意見を聞いた。

 旧中川小には町民40人以上が訪れた。高橋良延・企画観光課長が各事業について詳しく解説。道の駅整備については「本年度は旧依田邸の温泉施設整備に優先的に着手。住民、議会との合意形成を図った上で、道の駅整備は来年度予算に計上し進めていく」と説明した。

 また本年度は町民や議員、農業者らで構成するワーキンググループを立ち上げ、直売所を含む道の駅の整備内容、運営、収支計画について検討し、“オール松崎”で取り組んでいく―と話した。

 診療所については、高木和彦・統括課長が詳細を説明した。岩科地区への建設を目指す経緯を「津波浸水域外の中川、岩科の両地区を検討し、中川地区は災害時に県道下田松崎線が最優先で復旧されることから、孤立の恐れのある岩科地区に建設したい」と話し理解を求めた。その上で、6月末ごろに臨時議会で補正予算について承認を求める方針であるとした。長嶋精一町長は「災害時の救護体制を確保するため、早急に対応していく」と話した。

 質疑では町民から害獣対策や町の申請手続きの簡易化を求めるなどの町に対する要望が多く聞かれた。

 12日夜には旧岩科小でも実施した。14日に石部公民館、15日に環境改善センターで開く。時間は午後7時から。

 【写説】町の説明に耳を傾ける町民たち=松崎町の旧中川小

各地の最新の写真
伊東
丹精した夏の山野草70鉢 きょうまで伊東友の会
下田
特産品などを販売 松崎高文化祭の一般公開
中伊豆
「発言多く明るい雰囲気」 韮山高・授業公開―中学生ら見学
熱海
アジの開き体験、スーパーの裏側見学―熱海

最新写真特集