危険物取り扱い指導 下田地区危安協

下田版 2019年06月05日

注油口を確認する役員=下田市のJASS−PORTしもだ
注油口を確認する役員=下田市のJASS−PORTしもだ

 下田地区危険物安全協会(松本大明会長)は危険物安全週間(2~8日)に合わせ、会員事業所の巡回指導を行っている。役員と下田消防本部職員が会員事業所を巡回し、チェックシートで設備などを確認している。

 4日は下田市の事業所を2、3人一組の3班に分かれて巡回した。東中のJASS−PORTしもだ(土屋信和マネジャー)では危険物取り扱い者の免許を確認し、油分離槽の詰まりなどを順番にチェックした。

 担当者は「人為的ミスは起こりやすい。気をつけてほしい」と話した。

 東伊豆町では駿東伊豆消防本部が啓発活動を行った。

 【写説】注油口を確認する役員=下田市のJASS−PORTしもだ

各地の最新の写真
伊東
台風被害のジャカランダ 「無事に花咲く」―伊東の作庭稲葉園
下田
特養に地域交流カフェ エクレシア南伊豆が定期開設
中伊豆
「鉢窪山」ジオ看板を除幕 登山道入り口に天城湯ケ島LC―伊豆
熱海
防災メルマガに登録を 新潟地震受け呼び掛け―熱海市

最新写真特集