海洋プラスチックごみ防止県民運動をPR 県賀茂健福センター

下田版 2019年06月04日

海洋プラスチックごみ防止6R県民運動をPRする関係者=とうきゅうストア下田店
海洋プラスチックごみ防止6R県民運動をPRする関係者=とうきゅうストア下田店

 ■下田で街頭啓発活動 

 県賀茂健康福祉センターは3日、下田市東本郷のとうきゅうストア下田店で「海洋プラスチックごみ防止6R県民運動」の街頭キャンペーンを行った。

 世界的に深刻な問題となっている海洋プラスチックごみの防止には、(1)リデュース(減らす)(2)リユース(再使用)(3)リサイクル(再資源化)―の三つのRが重要とされる。

 これに加え県は、レジ袋や使い捨てスプーンなどを使用しない「リフューズ(断る)」、ごみの持ち帰りやポイ捨て防止の「リターン(戻す)」、海岸・河川清掃活動に参加する「リカバー(回復する)」―の三つのRを推進している。

 キャンペーンは、6月の環境月間などにあわせて実施した。同センター職員をはじめ、下田市と東伊豆町職員、県産業廃棄物協会伊豆支部から計11人が参加。買い物客に6R県民運動のチラシとティッシュを配布した。

 【写説】海洋プラスチックごみ防止6R県民運動をPRする関係者=とうきゅうストア下田店

各地の最新の写真
伊東
城ケ崎海岸エリア マルシェで盛り上げ―伊東
下田
無人売店「100円農村」人気 「あじさい祭」で下田市観光協会
中伊豆
「両手で掘ってね」 園児招きジャガイモ収穫―田方農業高
熱海
来宮神社例大祭責任当番町の咲見町祭典委、市長に支援要請―熱海 

最新写真特集