町議選異議申し出 町選管が棄却決定―松崎

下田版 2019年05月18日

 ■「無効の主張、理由ない」

 松崎町選挙管理委員会(高木恪委員長)は17日、町生涯学習センターで会議を開き、4月の町議選で落選した元町議4人が当選者2人の当選無効を主張した異議申し出を、棄却する決定をした。同日選管事務局が4人に決定書を送付した。

 異議申し出書は4人がそれぞれ提出し、当選者の票に落選者の票が混入していると指摘していた。選管は(1)開票処理は複数の担当者による点検・集計がされている(2)疑問票は審査係を経由し選挙立会人の審査、選挙長の確認を受けている−の2点から票の混入の可能性はあり得ないとした。

 事務局が行った開票事務に従事した職員への聞き取りから4人が主張する事実は確認できなかったとし、(1)、(2)と総合し「当選人の決定を無効とする主張には理由がない」とした。

 4人は決定に不服がある場合、同日から21日以内に文書で県選挙管理委員会に審査を申し出ることができる。

 ■棄却の判断対応を検討 4人代表し佐藤氏

 4月25日に4人分の異議申し出書を選管事務局に提出した佐藤作行氏は今後について「まだ決定書を受け取ったばかり。他の3人とともに棄却という判断をどう受け止めるのか、今後どのような対応をすべきか検討していく」とした。

各地の最新の写真
伊東
城ケ崎海岸エリア マルシェで盛り上げ―伊東
下田
無人売店「100円農村」人気 「あじさい祭」で下田市観光協会
中伊豆
「両手で掘ってね」 園児招きジャガイモ収穫―田方農業高
熱海
来宮神社例大祭責任当番町の咲見町祭典委、市長に支援要請―熱海 

最新写真特集