アスリート伊豆に集結 下田で県内小学生陸上大会

下田版 2019年05月13日

力いっぱい飛び出す100メートルのスタート=下田市の敷根公園広場
力いっぱい飛び出す100メートルのスタート=下田市の敷根公園広場

 ■走る、投げる、跳ぶ “陸の王者”目指し70人

 県内在住の小学生を対象とした「第2回陸の王者決定戦」(静岡陸上競技協会、下田陸上競技協会主催)が12日、下田市の敷根公園広場で開かれた。賀茂地区を中心に浜松市や静岡市など県内各地から約70人が出場し「走る・投げる・跳ぶ」を総合得点で競った。

 競技は100メートル、走り幅跳び、ジャベリックボール投げ、800メートルの4種目。2学年ごと男女別に競った。各種目スタートのたびにファンファーレが鳴り響き、名前を呼ばれた選手は手を挙げてスタートラインに立った。

 今大会は、スズキの創業者を冠した「鈴木道雄記念財団」の助成を受けた。大会委員長の太田俊春さん(下田市陸上競技協会長)は「小学生の陸上混成4種競技は全国初の試み。通常は天城を越えて大会に出場しているが、逆に天城を越えて多くの選手が集まる大会に育てていきたい」と話している。(結果は後日掲載)

 【写説】力いっぱい飛び出す100メートルのスタート=下田市の敷根公園広場

各地の最新の写真
伊東
伊東祐親まつり開幕 幽玄の世界、薪能観衆魅了―伊東
下田
黒船祭は最高潮 市内一色―下田
中伊豆
長岡で「あやめ座」開幕 芸妓衆、華麗に舞う、多彩な演目
熱海
神輿温泉街練る 熱海など25日、湯かけまつり

最新写真特集