カーネーション引き抜き体験始まる 河津温泉旅組 

下田版 2019年05月12日

持ち帰り用のカーネーションを確保する引き抜き農業体験参加者たち=河津町峰の安田農園
持ち帰り用のカーネーションを確保する引き抜き農業体験参加者たち=河津町峰の安田農園

 ■花持ち帰り人気

 河津町の河津温泉旅館組合(鈴木彰治組合長)主催の援農ボランティアツアー「カーネーション引き抜き農業体験」が11日、町内で始まった。まだ十分楽しめる花を持ち帰ることができる人気イベント。23日までの13日間で県内外からほぼ定員の340人が申し込み、宿泊客が35%を占めている。

 町特産カーネーションの生産農家は「母の日」向け出荷を終えると新苗の植え替え準備に入る。ツアーは、短期間に多くの人手を要する引き抜きを約2時間手伝う。農家、旅組、参加者それぞれにメリットがある。

 12年目の今年は農家4軒と町営「かわづカーネーション見本園」のハウス6カ所で行う。参加料2500円(組合施設宿泊客は無料)でキンメダイ煮付けと地場野菜小付定食の昼食、日帰り温泉施設入浴券付き。

 初日は27人が峰の安田農園のハウスで行い、色鮮やかに開いた花やつぼみを付けた持ち帰り用カーネーションを確保してから引き抜きに汗を流した。俳優前野朋哉さんら河津観光PR大使2人も参加した。

 友達と6人で参加した静岡市清水区の主婦高島晴美さん(71)は「10年前から毎年楽しみにしている。花を知人にあげると喜ばれるし、昼食もとてもおいしい」と笑顔で話した。鈴木組合長は「リピーターの参加者が8割を占め、早くから予約してもらいありがたい」と話した。

 【写説】持ち帰り用のカーネーションを確保する引き抜き農業体験参加者たち=河津町峰の安田農園

各地の最新の写真
伊東
勝利目指し全力 伊東市内小学校で運動会始まる
下田
黄金色の穂刈る 南上小が麦収穫―南伊豆
中伊豆
田方3市町と医師会協力 糖尿病予防を支援―来月から
熱海
伊豆山、初島の津波避難路 階段、手すりなど整備―熱海市

最新写真特集