「話し合える環境つくる」 長嶋町長会見―松崎

下田版 2019年04月23日

記者会見で今後の議員との関係について語る長嶋町長=松崎町生涯学習センター
記者会見で今後の議員との関係について語る長嶋町長=松崎町生涯学習センター
当選証書を受け取るトップ当選の藤井要氏=松崎町環境改善センター
当選証書を受け取るトップ当選の藤井要氏=松崎町環境改善センター

 ■議会との対話姿勢語る

 松崎町議選から一夜明けた22日、“続投”が決まった長嶋精一町長は生涯学習センターで記者会見を開き、町民に向けて「町政の混乱、停滞を招き心苦しく思う。新しい議員と前向きに町政に取り組んでいく」と話した。

 選挙結果を「町民がしっかりと(候補者を)観察した結果である」とした。議会との付き合い方について質問されると「(前議会は)聞く耳を持たなかった」と批判する場面も。「新議会とは話し合える環境をつくっていく」とした。

 反町長派の議員との今後の関係などについての質問で「わだかまりなくやっていきたい。私自身も変わらなければいけない」「今まではコミュニケーションが足りなかった」などと述べた。

 3月定例会で当初予算から修正削除された重要施策に位置づける道の駅・花の三聖苑整備、診療所誘致については「診療所については早々に進めていきたい」とした。

 ■反町長派「不信任出さず」 町民「『一緒に』は信用に欠ける」

 松崎町議選から一夜明けた22日、当選証書付与式後に「反町長派」の土屋清武氏が報道陣の取材に応じた。26日の臨時会での不信任案再提出について「(反町長派2人という)数を見れば可決できないことは明らか。むやみに議会を混乱させるだけになるので提出はしない」とした。

 今後の町長との関係については「是々非々でやっていく。正しいことは正しい。間違ったことは間違っているとはっきり伝える」とし、町議選の結果を「町民がしっかり判断した結果であると受け止めている」とした。

 3月定例会の町長不信任案提出から1カ月あまり。町内の40代の女性は「仲間割れが終わり、スタートラインに立っただけ。この混乱で失った時間をしっかり取り戻してほしい」、70代の無職男性は「町長派、反町長派と色分けされた人たちが『町長も議会も一緒に頑張ります』などと言っても信用に欠ける。本当にその気があるなら町民の前でしっかり誓ってほしい」と苦言を呈した。

 ■「有権者の意図と乖離なく」 松崎町議選

 松崎町選挙管理委員会は22日、町議選の当選証書付与式を町環境改善センターで開いた。新議員8人がそれぞれの思いを胸に、証書を受け取った。

 高木恪委員長が証書を手渡し「今回の選挙で半数が入れ替わる結果となった。有権者の意図をくみ、その意図と乖離(かいり)することなく、議員活動に生かしてほしい」と述べた。

 新議員の任期は21日から4年間。26日には正副議長など議会人事を決める臨時会が開かれる。

 【写説】記者会見で今後の議員との関係について語る長嶋町長=松崎町生涯学習センター

 【写説】当選証書を受け取るトップ当選の藤井要氏=松崎町環境改善センター

各地の最新の写真
伊東
伊東海水浴場運営協 来月、事故防止へ会合―総会で稲葉会長再任
下田
下田高男子バレー東部V 25日から県大会「優勝し全国出場を」
中伊豆
伊豆市議会が報告会 一般会計予算概要を説明
熱海
人形で胸骨圧迫実践 本年度初の救命講習会―熱海市消防本部

最新写真特集