下田は1超、少数激戦 3市議選とも選挙戦―統一地方選伊豆地区

下田版 2019年04月16日

下田市議選がスタートし、候補者の出陣式で気勢を上げる支援者
下田市議選がスタートし、候補者の出陣式で気勢を上げる支援者

 ■3町議選きょう告示

 下田市議選は、現職、新人各7人の計14人が立候補した。党派は無所属12人、公明、共産各1人。小学校区別では朝日4人、下田、稲生沢、白浜、浜崎各2人、稲梓、大賀茂各1人。

 届け出を済ませた各候補は、それぞれの選挙事務所前や地元で第一声を放ち、7日間の選挙戦をスタートさせた。

 新人は前回を3人上回る7人が出馬する一方、現職は5人が引退し、世代交代の様相を呈する選挙戦となった。

 引退議員の得票など前回の約6500票が宙に浮く形となり、選挙勢力地図は大きく様変わりしそうだ。

 候補者が4人立った朝日地区が最大の激戦地となった一方、市制施行以来初めて候補者不在となった須崎地区が最大の草刈り場となる。

 4月13日現在の選挙人名簿登録者数は男9160人、女9985人の計1万9145人。

 ■候補者の略歴(届け出順←)

 進士 為雄氏(しんじ・ためお)64 無現(1) 団体職員 元総務文教委員長 元下田市産業課長 東海大卒 吉佐美

 中村 敦氏(なかむら・あつし)51 無新 会社代表 元下田がんバル運営委員長 元白浜小PTA会長 工学院大卒 白浜

 小泉 孝敬氏(こいずみ・たかよし)68 無現(2) 無職 伊豆斎場組合議会議長 元産業厚生委員長 中央大卒 須原

 江田 邦明氏(えだ・くにあき)47 無新 会社員 県ライフセービング協会副理事長 元浜崎小PTA会長 中央大卒 柿崎

 沢登 英信氏(さわと・ひでのぶ)77 共産現(4) 元市職員 党下田市委員長 元市職員組合委員長 法政大卒 吉佐美

 大川 敏雄氏(おおかわ・としお)78 無現(10) 無職 元議長 元蓮台寺区長 元市区長会長 明治大卒 蓮台寺

 鈴木 孝氏(すずき・たかし)56 公明新 会社経営 パティシエ 党下田支部副支部長 下田北高卒 六丁目

 橋本 智洋氏(はしもと・ともひろ)52 無現(1) 会社員 産業厚生委員長 市商店会連盟副会長 日大中退 一丁目

 渡辺 照志氏(わたなべ・てるし)68 無新 自営業 市体育協会長 市バレーボール協会長 下田北高卒 大賀茂 

 進士 浜美氏(しんじ・はまみ)71 無現(1) 無職 市自主防災連絡協議会顧問 元吉佐美区長 中央大卒 吉佐美

 岡崎 大五氏(おかざき・だいご)56 無新 作家 市観光大使 吉佐美区理事 元フリーランス添乗員 専門学校中退 吉佐美

 矢田部 邦夫氏(やたべ・くにお)71 無新 無職 元生命保険業 元河内区長ほか区役員 静岡商業高卒 河内

 佐々木 清和氏(ささき・きよかず)71 無新 会社代表 市自衛隊協力会長 昭和を愛する会長 東京電機大電機学校中退 白浜

 滝内 久生氏(たきうち・ひさお)66 無現(1) 無職 元下田市産業振興課長 元柿崎区長 千葉工業大卒 柿崎

 【写説】下田市議選がスタートし、候補者の出陣式で気勢を上げる支援者

各地の最新の写真
伊東
「浴衣の街」アピール 伊東の実行委、1日からイベント
下田
地元小2年生稚アユを放流 下田・稲生沢川漁協
中伊豆
川で溺れた人“救助” 三島署、ゴムボート使い訓練
熱海
源頼朝の子、千鶴丸供養 延命地蔵尊で大祭―熱海・上多賀

最新写真特集