周辺国県道、利用は5割減 天城北道路の交通状況

下田版 2019年04月11日

 ■河津桜まつり期間、1日1万7300台通行 渋滞時間3分短縮

 国土交通省は10日、今年1月26日に開通した伊豆縦貫自動車道・天城北道路の交通状況を発表した。

 一日あたりの交通量は、河津桜まつり(2月10日~3月10日)前に平日9600台、休日1万800台だったが、河津桜まつり期間中は約1・6倍の1万7300台が利用した。

 開通に伴い、並行する国道136号と県道修善寺天城湯ケ島線の交通量は約5割減少した。出口交差点(国道136号と414号の分岐点)の渋滞も解消した。

 河津桜まつり時に、天城北道路・月ケ瀬交差点を先頭に最大約6キロの渋滞が発生したが、修善寺IC―月ケ瀬IC間の所要時間は、開通前の最大渋滞時と比べ約3分短縮した。

各地の最新の写真
伊東
「浴衣の街」アピール 伊東の実行委、1日からイベント
下田
地元小2年生稚アユを放流 下田・稲生沢川漁協
中伊豆
川で溺れた人“救助” 三島署、ゴムボート使い訓練
熱海
源頼朝の子、千鶴丸供養 延命地蔵尊で大祭―熱海・上多賀

最新写真特集