1人超の少数激戦へ 下田市議選

下田版 2019年04月11日

 ■定数13 事前審査に14陣営

 下田市選挙管理委員会は10日、任期満了に伴う市議選(14日告示、21日投開票)の立候補届け出書類事前審査を行った。定数13に対し、立候補を予定している現職、新人各7計14陣営が審査を受けた。これにより、定数を1人上回る少数激戦となる可能性がより高まった。

 出席した陣営は、現職が10期の大川敏雄氏(78)=蓮台寺=、4期共産党の沢登英信氏(77)=吉佐美=、2期の小泉孝敬氏(67)=須原=、1期の進士浜美氏(71)=吉佐美=、1期の橋本智洋氏(52)=一丁目=、1期の滝内久生氏(65)=柿崎=、1期の進士為雄氏(64)=吉佐美=。

 新人は、作家の岡崎大五氏(56)=吉佐美=、市体育協会長の渡辺照志氏(68)=大賀茂=、洋菓子店経営で公明党の鈴木孝氏(56)=六丁目=、会社員の江田邦明氏(47)=柿崎=、元会社員の矢田部邦夫氏(71)=河内=、会社経営の中村敦氏(50)=白浜=、会社経営の佐々木清和氏(71)=白浜=。

 立候補の届け出は、14日午前8時半~午後5時、市役所大会議室。3月1日現在の選挙人名簿登録者数は、1万9130(男9147人、女9983人)。

各地の最新の写真
伊東
「浴衣の街」アピール 伊東の実行委、1日からイベント
下田
地元小2年生稚アユを放流 下田・稲生沢川漁協
中伊豆
川で溺れた人“救助” 三島署、ゴムボート使い訓練
熱海
源頼朝の子、千鶴丸供養 延命地蔵尊で大祭―熱海・上多賀

最新写真特集