松崎町議解散選、定数8を4人超の激戦必至 事前審査に12陣営 

下田版 2019年04月10日

書類の事前審査を受ける関係者ら=松崎町環境改善センター
書類の事前審査を受ける関係者ら=松崎町環境改善センター

 松崎町選挙管理委員会(高木恪委員長)は9日、町環境改善センターで、議会解散に伴う町議選(4月16日告示、21日投開票)の立候補届け出書類事前審査を行った。3月の立候補予定者説明会同様、定数8に対し12陣営が出席。4人超の選挙戦がほぼ確実となった。

 事前審査を受けたのは前職が6期の稲葉昭宏氏(77)=松崎=、2期の土屋清武氏(78)=雲見=、佐藤作行氏(71)=岩科北側=、福本栄一郎氏(70)=松崎=、藤井要氏(68)=那賀=、1期の渡辺文彦氏(65)=岩科北側=、深沢守氏(52)=松崎=、伴高志氏(41)=南郷=の8人。

 新人は小林克己氏(52)=伏倉=、鈴木茂孝氏(48)=岩科南側=、田中道源氏(40)=船田=の3人で、元職は1期の高柳孝博氏(72)=江奈=のみ。本人や関係者が訪れ、事前審査を済ませた。

 他に立候補に向けた動きはなく、4人超の激戦となる見通し。3月の長嶋精一町長への不信任に端を発した町議選で町民の関心は高いものの、選挙ムードはいまひとつ盛り上がっていない。

 3月28日現在の選挙人名簿登録者数は5983人(男性2825人、女性3158人)。

 【写説】書類の事前審査を受ける関係者ら=松崎町環境改善センター

各地の最新の写真
伊東
「浴衣の街」アピール 伊東の実行委、1日からイベント
下田
地元小2年生稚アユを放流 下田・稲生沢川漁協
中伊豆
川で溺れた人“救助” 三島署、ゴムボート使い訓練
熱海
源頼朝の子、千鶴丸供養 延命地蔵尊で大祭―熱海・上多賀

最新写真特集