ユーどうして下田へ? 市観光協が外国人旅行者の動機調査

下田版 2019年03月12日

外国人観光客に質問をする向原さん(右から2人目)と生徒たち=下田市の伊豆急下田駅
外国人観光客に質問をする向原さん(右から2人目)と生徒たち=下田市の伊豆急下田駅

 2020年東京五輪・パラリンピックに向けて、下田市観光協会は10日、外国人観光客の来訪動機調査を伊豆急下田駅で始めた。初日は下田高英語部のメンバー17人と下田国際交流の会も協力し、欧州やアジアの観光客に下田を選んだ理由や旅行情報の入手方法などを英語で質問した。24日まで計3回実施予定。結果は集計・分析して後日公表し、行政の観光施策、住民や観光・宿泊業関係者らのインバウンド(訪日外国人旅行者)に対する意識向上につなげる。

 市観光協会所属の地域おこし協力隊・向原一平さんを中心に、3グループに分かれて調査した。事前に用意したアンケート用紙を元に「どんなメディアで下田の情報を得たのか」「下田のどこに行きたいか」などと質問。韓国や中国、スウェーデンなどの旅行者が「米グーグルで情報を得た」「ペリーロードに行きたい」といった回答をした。回答者にはオリジナルの手拭いをプレゼントした。

 向原さんは「観光地は旅行者の声を組み上げて栄えてきた歴史がある。これは外国人に対しても同じで、彼らが何を求めて、どんなことに喜びを感じるかを知る必要がある。この活動が多くの人の自発的なインバウンド対応に結びついてほしい」と語った。

 【写説】外国人観光客に質問をする向原さん(右から2人目)と生徒たち=下田市の伊豆急下田駅

各地の最新の写真
伊東
遺体収容所指定など協議 観光会館別館か体育C―伊東市防災会議 
下田
水彩画中心に風景、静物34点 下田で光友会展
中伊豆
県内外24校、強化図る 高校男子ソフトボール―伊豆
熱海
捕獲イノシシ、シカなど190頭供養 熱海ワナの会が鳥獣慰霊祭

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)