「花の鳥居」を設置―松崎花畑実行委

下田版 2019年02月19日

土屋さん(中央)の指導で鉢を作る生徒たち=松崎中
土屋さん(中央)の指導で鉢を作る生徒たち=松崎中

 ■地元中1年35人が協力

 松崎町で田んぼをつかった花畑の開催に向け活動する松崎花畑実行委員会(端山智充会長)は、花畑開催期間のにぎわい創出の一環で、「花の鳥居」の設置を計画している。18日は町立松崎中で1年生35人が協力して、鳥居に使用する鉢を作った。

 鳥居の柱には太い角材ではなく、細い4本の角材を使用し、1本の柱とする。中心部に空洞をつくり、中に鉢植えを並べて「花でできた鳥居」を演出する。同校非常勤講師の土屋武彦さんが考案した。

 同日は土屋さんの指導で、生徒たちがざるを材料に、約60個の鉢を作った。テープで二つのざるを合わせ、一つの鉢を完成。外はマスキングテープを使ってそれぞれ自由に模様を描いた。生徒たちは「目立つようにしたい」「自分が作ったと分かるようにデザインしよう」などと、楽しみながら作った。

 土屋さんは「生徒たちにも町内のイベントに関心を持ち、参加してほしいと考えた。鳥居が花畑のにぎわいの一つとなってほしい」と思いを語った。

 鳥居とともにさい銭箱を設置し、来年以降の開催に向けた協力金を募る。同委員会は「子どもたちが誇れる一大イベントの花畑を今後も継続していきたい」と話した。

 【写説】土屋さん(中央)の指導で鉢を作る生徒たち=松崎中

各地の最新の写真
伊東
伊東は高島礼子さんら 連続ドラマ「料理人ワタナベ」ゲスト発表
下田
現職と新人各7陣営、1超、少数激戦か 下田市議選予定者説明会
中伊豆
「地酒で乾杯条例」可決 最終本会議終了後にデモ―伊豆市議会
熱海
のぼり旗で静岡DCPR 機運盛り上げへ熱海市

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)