建設地や事務手法提案 広域ごみ処理計画―下田市

下田版 2019年02月16日

 ■「最悪の場合、単独」 

 下田市、南伊豆町、松崎町の1市2町による広域ごみ処理計画について、下田市は15日の市議会全員協議会で計画の進捗(しんちょく)状況を報告した。

 下田市は、両町に対し同市敷根の現焼却場を含む周辺を新施設の建設地とし、一部事務組合または事務委託で運営する事務手法を提案。両町はこの提案を協議・検討し、今年9~11月の間に広域に参加するか否かを決定する。

 福井祐輔市長は「広域を大前提としており、最悪の場合は単独となる」と説明した。

 3市町の広域ごみ処理計画は昨年6月、南伊豆町の事業案に対し下田市と松崎町が不参加を決定。その後、下田市の主導で新たな事業計画を協議している。

各地の最新の写真
伊東
花あふれる通学路に いとう瑞泉郷に球根、苗木―伊豆の風
下田
1カ月遅れのひな祭り 1/4の地区に存在―南伊豆町
中伊豆
県好成績で全国へ 韮山、大仁両Jソフトテニスクラブの5人
熱海
「熱海をどり」猛稽古 来月28、29日に芸妓連

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)