試食会でメニュー発表 16、17日「あったかふぇ」―稲取高被服食物部

下田版 2019年02月06日

試食会で独自メニューを作る稲取高被服食物部員=東伊豆町稲取のダイロクキッチン
試食会で独自メニューを作る稲取高被服食物部員=東伊豆町稲取のダイロクキッチン

 東伊豆町の稲取高被服食物部(佐藤真尋部長、部員13人)と町地域おこし協力隊は16、17の両日、稲取の交流拠点施設ダイロクキッチンで飲食店「あったかふぇ」を開店する。3年目の今回は、部員が地場産品を使い考案した独自メニューを中心にスイーツも販売する。

 本年度ほぼ毎月、多世代の集いの場として夕飯を低価格で提供したあったかふぇ活動の集大成として企画した。4日、同施設で町関係者ら約15人を招いて試食会を開き、メニューを発表した。

 メニューは日替わりで、16日が▽もち麦のさつまいもご飯または黄飯▽鶏肉のレモン煮ニューサマーオレンジに変えて▽ひじきゴマネーズ▽豆腐白玉―、17日が▽ひき肉のカレーライス▽もち麦ドレッシングのサラダ(ハム)▽桜葉アイス―。共に飲み物(ほっとニューサマーオレンジかニューサマーオレンジサイダー)が付く。大人の量が500円、子どもの量が300円。

 佐藤部長(2年)は「今までの人気メニューを組み合わせて考えた献立なので多くの人に食べてもらえたらうれしい」とアピールしている。他に地域の食材を使った▽米粉deブラウニー▽桜葉rockクッキー▽オレんち伊豆パン―を両日販売する。

 時間は午前10時~午後3時。問い合わせは協力隊の荒武さん〈携帯090(9016)6530〉へ。

 【写説】試食会で独自メニューを作る稲取高被服食物部員=東伊豆町稲取のダイロクキッチン

各地の最新の写真
伊東
サッカー・マーレ杯U―9熱戦 市内外から10チーム―伊東 
下田
市民後見人、11人が修了 下田市社協が養成講座
中伊豆
明治から平成、女将の雛300体 修禅寺、庭園特別観賞も―伊豆
熱海
昭和の名曲披露 FM熱海・湯河原20周年記念

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)