4月下旬並み「立春」 河津桜原木一分咲き

下田版 2019年02月05日

一分咲きとなった河津桜原木=河津町田中
一分咲きとなった河津桜原木=河津町田中

 「立春」の4日、賀茂地区は風が強くも暦以上の季節外れの暖かさとなった。東伊豆町稲取で4月下旬並み、平年より9・4度も高い最高気温19・5度を観測した。

 河津町では田中にあり比較的早咲きの河津桜原木が一分咲きとなった。

 第29回河津桜まつり実行委員会によると、3日も暖かかったため二分咲き近くまで開花が進んだ。千葉県八千代市から旅行で来た80代夫婦は「もっと咲いていれば良かったけど、きれいだね」と話し見入った。

 約800本の河津川沿い並木はつぼみ~一分咲きとなっている。

 【写説】一分咲きとなった河津桜原木=河津町田中

各地の最新の写真
伊東
屋内施設全て好調 経済連絡会1~3月景況
下田
新人6人世代交代進む 課題は女性2期連続ゼロ―下田市議選
中伊豆
三島市議選・函南町議選振り返って 首長・県議選の影響色濃く 
熱海
在日横浜総領事館、熱海市に韓国の壺寄贈 李総領事が申し入れ

最新写真特集