仮設店舗設置追い込み 河津桜まつり準備着々

下田版 2019年02月05日

追い込みに入っている仮設店舗の設置作業=河津町笹原の河津桜並木沿い
追い込みに入っている仮設店舗の設置作業=河津町笹原の河津桜並木沿い

 ■飲食・物販・駐車場152軒出店

 河津町で10日に開幕する第29回河津桜まつり(実行委員会主催)に向け、準備が着々と進んでいる。河津川沿いなどの河津桜並木周辺では飲食や物販の仮設店舗の設置作業が追い込みに入っている。

 仮設店舗は空き地や商店、民家の庭先などにプレハブや簡易な小屋を建て営業する。実行委によると、賛助会員として出店するのは軽食や飲料、特産品などの販売、駐車場営業の計152軒。

 笹原でうどん、みたらしだんごなどを扱う飲食店を出し3年目の自営業沢口善直さん(67)は4日、写真入りメニューの飾り付けなどを行った。「今年は駐車場の収容台数が増え、つぼみも膨らみ期待できそう。大勢のお客さんに来てほしい」話した。

 通りの飾り付けや駐車場の案内表示なども進められている。まつりは3月10日まで。

 【写説】追い込みに入っている仮設店舗の設置作業=河津町笹原の河津桜並木沿い

各地の最新の写真
伊東
サッカー・マーレ杯U―9熱戦 市内外から10チーム―伊東 
下田
市民後見人、11人が修了 下田市社協が養成講座
中伊豆
明治から平成、女将の雛300体 修禅寺、庭園特別観賞も―伊豆
熱海
昭和の名曲披露 FM熱海・湯河原20周年記念

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)