杏さん、豪快に「福は内」 下田達磨大師で豆まき大祭

下田版 2019年02月04日

来場者に向かって豆や菓子をまく杏さん=下田市宇土金の下田達磨大師
来場者に向かって豆や菓子をまく杏さん=下田市宇土金の下田達磨大師

 節分の3日、賀茂各地で豆まきなどさまざまな行事があった。下田市宇土金の下田達磨大師(日照山向陽寺)では、人気女優の杏さんをゲストに迎えて恒例の「豆まき大祭」が開かれた。厄災を払い幸福をつかもうと、大勢の住民や観光客らが訪れてにぎわった。

 勝田正史住職が炊き上げ供養を行った後に豆まきがスタート。裃(かみしも)に袴(はかま)姿の杏さんや大正製薬会長夫人・上原正子さん、上原美術館の大平明理事長、大平吉子館長らが特設舞台に上がり「鬼は外」「福は内」と掛け声をあげながら豆や菓子の入った袋を豪快にまいた。来場者は競うように取り合った。景品が当たる抽選会も行われた。

 杏さんは途中の紹介で「少しでもたくさんの幸福が皆さんに訪れるよう願っています」と笑顔であいさつ。会場から大きな拍手と歓声が湧いた。

 同寺は約400年前に開かれた曹洞宗の古寺。家内安全や商売繁盛などの願いをかなえる「幸運の達磨大師」として信仰を集めている。1981年に大正製薬名誉会長(当時)上原正吉・小枝夫妻の篤志で再建された。

 【写説】来場者に向かって豆や菓子をまく杏さん=下田市宇土金の下田達磨大師

各地の最新の写真
伊東
屋内施設全て好調 経済連絡会1~3月景況
下田
新人6人世代交代進む 課題は女性2期連続ゼロ―下田市議選
中伊豆
三島市議選・函南町議選振り返って 首長・県議選の影響色濃く 
熱海
在日横浜総領事館、熱海市に韓国の壺寄贈 李総領事が申し入れ

最新写真特集