県内初「提案型」で募集 東伊豆町が地域おこし協力隊員2人

下田版 2019年01月24日

 ■「若者のアイデアで活性化」

 東伊豆町は2019年度の地域おこし協力隊員2人を募集している。新たな試みとして応募者が「こんな町にしたい」「こういうことで活性化したい」と提案する型で募る。町によると、提案型は県内初とみられる。

 町はこれまで、観光や農業、漁業の振興、空き家対策などの具体的内容で協力隊員を募集してきたが、「若い人らのアイデアを活性化に生かしたい」と考えた。応募者は観光振興と交流人口増加をテーマに、提案をA4用紙1枚程度にまとめる。

 募集対象は、生活拠点が三大都市圏をはじめ、賀茂地区などの条件不利地域でない都市地域に住所があるおおむね20歳以上。給与は月額16万6千円。任用期間は2020年3月末までだが、活動実績を踏まえ1年更新で最長3年まで延長する。

 申し込みは2月15日までに町企画調整課地域振興係〈電0557(95)6202〉へ。詳しくは町役場ホームページへ。

各地の最新の写真
伊東
健康、繁盛願い福だるま 毘沙門天大祭にぎわう―伊東・仏現寺
下田
稲取漁港直売所ロゴマーク決定 キンメとミカン図案化―伊豆漁協
中伊豆
災害時に施設提供 村の駅と安久町内会が協定―三島
熱海
100人がシャンソン堪能 下田の石橋さんがライブ―熱海・起雲閣

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)