汗さわやかに初走り 賀茂3町

下田版 2019年01月05日

元気に走りだす2キロコースの参加者=河津町の河津中グラウンド
元気に走りだす2キロコースの参加者=河津町の河津中グラウンド
勢いよくスタートする参加者たち=東伊豆町稲取
勢いよくスタートする参加者たち=東伊豆町稲取
一斉にスタートする参加者=西伊豆町
一斉にスタートする参加者=西伊豆町

 ■元旦マラソンに町民ら315人 河津町

 河津町教育委員会は1日、町立河津中グラウンドをスタート・ゴールに「第43回町元旦マラソン大会」を開いた。河津川沿いのトリムコースなどを駆ける距離別3コースに幼児から高齢者まで町民ら315人が参加した。

 晴れた穏やかな日和に恵まれ、5キロと3キロに54人ずつ、2キロに207人が出場した。コースごと元気に走りだし、自分に合ったペースで新年初のすがすがしい汗を流した。

 開会式で岸重宏町長が「一年の計は元旦にあり。しっかり計画を立て、健康な一年にしてほしい」と呼び掛けた。ゴール後、完走証、全員に参加賞を贈り、汁粉を振る舞った。

 ■東伊豆 2地区で300人走り・歩き初め

 東伊豆町教育委員会は1日早朝、稲取と熱川2地区の海岸線で「第50回元旦マラソン大会&ウオーキング」を開いた。雲が多く水平線からの初日の出は見られなかったが、町民ら老若男女約300人が走り・歩き初めを楽しんだ。

 稲取は約200人が伊豆漁協稲取支所前を、熱川は約100人が白田のしらなみ橋(町保健福祉センター隣)をスタート・ゴールに約3キロのコースをたどった。

 稲取で毎年参加している地元の自営業定居宏康さん(37)は5歳と3歳の息子が初参加で「子どもの健康を願いながら走った」と話した。

 ■息弾ませ227人町民有志が運営 西伊豆

 西伊豆町で1日、第53回正月マラソン大会(実行委員会主催)が開かれた。町立賀茂小を発着点とする三つのコースを、賀茂地区をはじめ、北海道や京都などから集まった参加者227人が駆け抜けた。

 1・5キロのファミリー(2人一組)、小学4年生以上の2・5キロ、中学生以上の5キロの3コースで行った。

 賀茂小周辺には多くの保護者や地域住民が応援に駆け付けた。息を弾ませ走る参加者に「頑張って」「もう少しでゴールだ」などと声援を送った。

 同大会は旧賀茂村時代、村の伝統行事として行われていた。現在は町民有志でつくる実行委員会が運営している。

 結果は次の通り(ファミリーの部は表彰なし)。

 【2・5キロ】男子 (1)大原未楠(沼津市)8分11秒(2)佐藤匠瑛(下田市)(3)長島鼓(西伊豆町)▽女子 (1)高橋夢花(下田市)9分51秒(2)山田朱莉(南伊豆町)(3)高木唯来(伊豆の国市)

 【5キロ】男子 (1)志津優騎(南伊豆町)16分10秒(2)細川陽平(裾野市)(3)山本雄(横浜市)▽女子 (1)藤井葵(西伊豆町)20分55秒(2)関まどか(松崎町)(3)長島里桜(西伊豆町)

 【写説】元気に走りだす2キロコースの参加者=河津町の河津中グラウンド

 【写説】勢いよくスタートする参加者たち=東伊豆町稲取

 【写説】一斉にスタートする参加者=西伊豆町

各地の最新の写真
伊東
前伊東市長に実刑判決 懲役2年、追徴金1300万円
下田
45年の児童・生徒数3分の1に 賀茂広域連携会議
中伊豆
親子で活動成果披露 生涯学習ジュニアフェス―伊豆の国
熱海
新たに重文、登録有形文化財ー熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)