設計変更案、きょう採決 市議会本会議―下田市新庁舎

下田版 2018年11月09日

市が国から取得し、財団法人きさみに売却する吉佐美大浜海水浴場の背後地=下田市吉佐美
市が国から取得し、財団法人きさみに売却する吉佐美大浜海水浴場の背後地=下田市吉佐美

 ■吉佐美大浜土地取得も

 下田市は8日、新庁舎の設計変更費用を盛り込んだ本年度一般会計補正予算案と、吉佐美大浜海水浴場背後地の土地取得案を市議会臨時会に上程した。いずれも、委員会審査を経て9日の本会議で採決される。

 新庁舎の設計変更は、1階の議場を最上階の3階へ移し、3階の行政窓口を1階と3階に分けて配置する案。1階の市民ホール、2階の市民窓口などは従来案と変わらない。

 議場や市民窓口の配置など従来案に難色を示す議員が多く、市が譲歩する形で修正案を示した。設計見直し費用は約1800万円。

 吉佐美大浜海水浴場背後地の土地は、約5030平方メートルの国有地。4500万円で財務省から購入し、購入額に必要経費を加えた金額で一般財団法人きさみ(吉佐美区)に売却する。

 これまでは、市が近くの「はまぼうロード」駐車場として許可を受け無償で使用。夏期に限り、海水浴場の有料駐車場として吉佐美区に管理委託してきた。

 県が地元との協議で津波対策事業に使用しないことを決定したため、かねて払い下げを希望する吉佐美区が市を介して取得することになった。利用形態は従来通り変わらないという。

 このほか、臨時会では市職員の交通事故に関する損害賠償の専決処分を承認した。

 【写説】市が国から取得し、財団法人きさみに売却する吉佐美大浜海水浴場の背後地=下田市吉佐美

各地の最新の写真
伊東
少子化対策や新構想高 県議会が出前講座、伊東商3年と意見交換
下田
59ヘクタール、2万6千キロワット メガソーラー起工―南伊豆町大瀬
中伊豆
修善寺IC―大平IC 19~21日、夜間通行止め
熱海
ボージョレ・ヌーボー解禁 朝早くからワイン愛好者―熱海

最新写真特集