賀茂農林職員ら災害物資搬入出など手順確認 下田

下田版 2018年11月06日

物資の搬入搬出の手順を学ぶ訓練参加者=下田市箕作のテクノワン資材倉庫
物資の搬入搬出の手順を学ぶ訓練参加者=下田市箕作のテクノワン資材倉庫

 ■登録輸送拠点で初訓練

 大規模災害時に賀茂地区の広域物資輸送拠点に登録されている下田市箕作のテクノワン資材倉庫で5日、県賀茂方面本部物資班の訓練が行われた。同拠点での訓練は、昨年の登録以来初めて。物資班を務める県賀茂農林事務所職員ら約15人が参加し、支援物資の搬入搬出作業の手順などを確認した。

 同拠点は、国道414号と県道下田松崎線の交差点付近に位置し、近くに伊豆縦貫自動車のインターチェンジが開設される。大規模災害時に支援物資が集められ、賀茂各市町に振り分けられる。

 訓練は、まず防災行政無線と衛星携帯電話の操作訓練を実施し、県賀茂危機管理局と県下田総合庁舎に通話した。

 続いて支援物資の搬送訓練に取り組んだ。管理調整、受け入れ、払い出しなどの担当に分かれ、事務的な手続きを確認した。

 仕分けや荷さばき担当者は、実際の保存食を支援物資に見立て、パレット(すのこ状の台)に移し、品目ごとに管理・保管する手順を学んだ。

 同事務所の三輪照光所長は「訓練を繰り返して一つ一つの課題をクリアし、いざという時に混乱なく対応できるようにしていきたい」と話していた。

 【写説】物資の搬入搬出の手順を学ぶ訓練参加者=下田市箕作のテクノワン資材倉庫

各地の最新の写真
伊東
生産者と会話し味わう 地産地消推進へ給食感謝祭ー伊東・池小
下田
あす「桜キッチン」オープンリニューアルし再開―河津町観光協
中伊豆
反射炉展望台にベンチ 韮山中3年生が製作、設置
熱海
姫の沢公園、紅葉進む 広場のケヤキ、モミジなど―熱海

最新写真特集