7年ぶり50万人切る 下田海水浴場入り込み客数

下田版 2018年09月22日

 ■遊泳禁止62日で大幅減

 下田市は21日までに、本年度の市内9海水浴場の入り込み客数をまとめた。前年度を9万3千人下回る49万6100人(15・8%減)で、東日本大震災のあった2011年度以来7年ぶりに50万人を切ったと発表した。

 各海水浴場は7月14日に一斉に設置、8月20~31日まで開かれて、昨年と比べ開設延べ日数が15日長かった。しかし、7月末の台風12号を含む計4度の本州への台風接近の影響で、遊泳禁止延べ日数が62日(前年度比約39日増)もあったことなどから来場者数が大幅に減少した。市の担当者によると「ジオサイトの人気上昇や日本人の海離れなども一因として考えられるかもしれない」と話した。

 一方、外浦と鍋田浜は波の影響を受けにくかったこと、吉佐美大浜は外国人が増えたことなどが昨年度をやや上回る人出につながったとみられる。

各地の最新の写真
伊東
豪快に“キンメ滝登り” 仲丸通りに「だまし絵」―伊東市商連
下田
たわわにオリーブの実 東伊豆・片瀬ほ場で初収穫―伊豆急HD
中伊豆
献眼協力、25人に感謝 天城湯ケ島LC、遺族も参列し供養祭
熱海
例大祭へ「豊栄の舞」稽古 女児9人―熱海・今宮神社

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)