自殺予防に理解、関心を 街頭で啓発活動―県賀茂健福センター

下田版 2018年09月12日

買い物客に啓発品を手渡す大村所長=下田市東本郷の下田とうきゅう
買い物客に啓発品を手渡す大村所長=下田市東本郷の下田とうきゅう

 自殺予防週間(9月10~16日)に合わせて、県賀茂健康福祉センターと下田市、南伊豆町は各地で街頭キャンペーンを展開した。職員たちが啓発品を配りながら、住民らに自殺予防に対する理解、関心を呼び掛けた。

 下田市東本郷の下田とうきゅうでは、職員8人が買い物客らにティッシュや布袋、ゲートキーパー研修会のチラシなど約100セットを配布した。

 大村新治所長は活動開始前に、(1)気付き(2)傾聴(3)つなぎ(4)見守り−の四つを挙げて「このキーワードを知ってもらい自殺予防を推進しよう」と呼び掛けた。

 県内では2017年に636人が自ら命を絶っている。賀茂地区は20人で、ほとんどが高齢者だという。

 【写説】買い物客に啓発品を手渡す大村所長=下田市東本郷の下田とうきゅう

各地の最新の写真
伊東
伊東高水泳部松本君ら7人、全国入賞 伊東市長に報告
下田
華やか、つるし飾り98対 例年より10日早く―稲取・雛の館
中伊豆
24日からイベントラリー 伊豆箱根鉄道駿豆線の活性化協
熱海
秋の全国交通安全運動スタート 商店街回り啓発活動―熱海市

最新写真特集