夏の締めはビッグシャワー 下田・大浜海岸で開幕 

下田版 2018年09月10日

砂浜を元気よく進むノルディックウオーキングの参加者=下田市の吉佐美大浜海岸
砂浜を元気よく進むノルディックウオーキングの参加者=下田市の吉佐美大浜海岸

 ■ヨガ、ノルウオーク満喫 多彩な体験、露天市も

 下田の夏最後の大型イベント「海洋浴の祭典・ビッグシャワー2018」(ビッグシャワー下田実行委員会主催)が8日、下田市の吉佐美大浜海岸で開幕した。初日は時折雨が降るなど天候に恵まれなかったが、市内外から多くの人が参加し、ビーチヨガやノルディックウオーキング、カヤック体験などを楽しんだ。9日まで。

 下田の夏をできるだけ長く楽しんでもらう狙いで始まり、今年で20回目を迎えた。

 ノルディックウオーキングには約10人が参加した。参加者は、担当者からポールを使った基本的な歩き方を教えられた後、吉佐美大浜海岸−龍宮窟を往復する約4キロのコースに挑戦。一斉に砂浜を出発し、元気よく前に進んだ。同級生3人で参加したという吉佐美の安岡寿子さん(54)は、出発前に「地元にいてもなかなか歩く機会がないので初めて参加した」とわくわくした表情で語った。

 会場では焼きそばやビールなどを販売する大露天市も開かれ、にぎわった。

 9日は、リズムダンスのエクササイズ「ズンバ」や大人のサーフィンスクール、ビーチサンダル跳ばし選手権、アームレスリング大会、コカ・コーラ早飲み大会、フラダンスのショー、ウクレレの演奏などを繰り広げる。

 問い合わせは実行委事務局〈電0558(22)1531〉へ。

 【写説】砂浜を元気よく進むノルディックウオーキングの参加者=下田市の吉佐美大浜海岸

各地の最新の写真
伊東
ダンスや演奏、生き生き 伊東市老ク連・演芸大会に700人
下田
マイワシ、迫力の群泳 大水槽に3200匹搬入―下田海中水族館 
中伊豆
三島市長選 石井氏、後援会総決起大会で決意表明
熱海
畑に“大根のカーテン” 七尾たくあん天日干し進む―熱海

最新写真特集