「元気よく担いで」 保護者有志ら、太鼓祭りミニ道具寄付

下田版 2018年08月02日

寄贈された道具を楽しそうに練る園児たち=下田市の下田保育所
寄贈された道具を楽しそうに練る園児たち=下田市の下田保育所

 下田市の旧町内有志と市立下田保育所の保護者有志が30日、下田太鼓祭りを模した行事「おまつりごっこ」で使う道具一式(7基)を同保育所に寄付した。有志代表の小川文孝さん(37)ら4人が届けた。

 寄贈した道具は榊(さかき)、四神(青竜、玄武、白虎、朱雀)をそれぞれ1基と鉾(ほこ)2基。下田太鼓祭りで使う本物の道具に限りなく近いデザインとなっている。3分の1程度の大きさのミニチュア版で、小川さんの父・誠一さん(68)が制作した。

 寄贈式が保育所のホールで開かれ、小川文孝さんは「今後も下田太鼓祭りが長く続くよう(8月25日の)本番で元気よく担いでほしい」と呼び掛けた。簡単な神事の後、5歳児クラスの園児20人が道具を楽しそうに練った。最後に全員で「力いっぱい担ぎます。ありがとうございました」と礼を言った。

 【写説】寄贈された道具を楽しそうに練る園児たち=下田市の下田保育所

各地の最新の写真
伊東
来月3、4日に「湯のまちバル」 フォトコンなど初開催―伊東
下田
「焼きアユ」作り最盛期  黄金色、香ばしく―松崎「鮎の茶屋」
中伊豆
伊豆市に商品やグッズ 五輪パートナーのコカ・コーラ
熱海
真っ黒な手に収穫の喜び MOA幼児学園―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)