もじりに大物含む15匹 稲梓小12人がウナギ捕り体験―下田

下田版 2018年07月12日

大喜びで捕まえたウナギを見せる子どもたち=下田市堀之内
大喜びで捕まえたウナギを見せる子どもたち=下田市堀之内

 下田市立稲梓小(竹内信子校長)は11日、ウナギ捕り体験を稲梓川で実施した。4年生12人が、竹製の筒「もじり」を使った漁を通して地元の魅力を体感した。

 郷土学習の一環で5年目。地元の有志団体「稲梓の教育と文化をすすめる会」、稲生沢川非出資漁協が協力している。

 児童たちは前日、堀之内の深根橋下にもじり20本を設置し、一晩経過した翌朝に水中から引き揚げた。筒には最大60センチ以上の大物を含む15匹が掛かった。渡辺彩楓さんは「大きくてびっくりした。ピチピチして生きがいい」と喜び、大人たちにウナギを見せた。

 捕まえたウナギは、特製のたれを付けて炭火でかば焼きにして味わった。

 【写説】大喜びで捕まえたウナギを見せる子どもたち=下田市堀之内

各地の最新の写真
伊東
伊東高水泳部松本君ら7人、全国入賞 伊東市長に報告
下田
華やか、つるし飾り98対 例年より10日早く―稲取・雛の館
中伊豆
24日からイベントラリー 伊豆箱根鉄道駿豆線の活性化協
熱海
秋の全国交通安全運動スタート 商店街回り啓発活動―熱海市

最新写真特集