14日から海水浴場開設 下田市夏期対策協

下田版 2018年07月04日

海水浴場の安全対策などを協議する下田市夏期海岸対策協議会の関係者=下田市民文化会館
海水浴場の安全対策などを協議する下田市夏期海岸対策協議会の関係者=下田市民文化会館

 ■管理、安全対策など確認

 本格的な海の季節を前に、下田市夏期海岸対策協議会(会長・福井祐輔市長)の本年度総会が3日、市民文化会館で開かれた。海水浴場を置く区や関係機関・団体の代表約30人が出席し、今期の管理運営、安全対策などを確認した。

 はじめに福井市長が「各種キャンペーンやメディアへの露出効果で来遊客が増えている。安全で楽しく過ごしてもらうため協力をお願いしたい」とあいさつ。前年度会計決算や本年度予算などの議事に続き、各機関・団体が今夏の取り組みや安全対策などを説明した。

 下田警察署は7月13日~8月19日、白浜に臨時派出所を開設。8月のピーク時には人員を増やして対応すると説明した。

 下田海上保安部は8月末までの2カ月間、「海の安全運動」を関係機関と連携して展開している。特に各海水浴場での「安全啓発アナウンス」の実施を呼び掛け、飲酒事故防止や波が高い場合などのアナウンス事例を紹介した。

 下田地区消防組合は「夏は救急車の出動が増え、昨年は一日最多19件出動した」として救急車の適正な利用を呼び掛けた。また、「下田では6月や9月の水難事故も多い」として監視員(ライフセーバー)が付く夏期対策期間以外の安全対策を求めた。

 このほか、外国人によるバーベキュー(外浦)、違法駐車(鍋田浜)などの問題が指摘された。各海水浴場の開設期間は次の通り。開始はいずれも7月14日。

 白浜中央~8月31日▽白浜大浜~8月26日▽外浦~8月26日▽九十浜~8月20日▽鍋田浜~8月20日▽多々戸~8月26日▽入田浜~8月26日▽吉佐美大浜~8月26日▽田牛~8月31日

 【写説】海水浴場の安全対策などを協議する下田市夏期海岸対策協議会の関係者=下田市民文化会館

各地の最新の写真
伊東
消防分団長ら招き規律、放水 伊東・旭小で防災学習
下田
初日は208キロ水揚げ 伊勢エビ漁解禁−南伊豆石廊崎
中伊豆
天城北道路工事現場でお絵かき 園児31人、思い出作り―伊豆市
熱海
ごみ出しや服薬管理 熱海市介護事業者連絡協、他職種連携へ研修 

最新写真特集