蓮杖供養、功績たたえる 下田公園で子孫ら40人

下田版 2018年06月14日

蓮杖の名前が出てくる校歌を歌う6年生=下田市三丁目の下田公園
蓮杖の名前が出てくる校歌を歌う6年生=下田市三丁目の下田公園

 ■日本写真術の開祖 下田小生、元気に校歌

 下田出身で日本写真術の開祖・下岡蓮杖の慰霊祭(下岡蓮杖を顕彰する会主催)が12日、下田市三丁目の下田公園内蓮杖台前で開かれた。会員や関係者など約40人が参列し、故人の功績をたたえしのんだ。

 土屋市次郎会長は「(今後も)下岡蓮杖が市民や全国の写真好きに親しんで、認知してもらえるよう努めたい」とあいさつ。長楽寺の天野隆俊副住職の読経の中、参列者が蓮杖胸像の前で焼香、献花した。下田小の6年生40人が蓮杖の名前が出てくる校歌を元気よく歌った。

 慰霊祭には蓮杖の5代目子孫・村松哲さん(69)=横須賀市=も出席し「祖先が下田の人に愛され続けていることが誇らしい」と語った。

 蓮杖は1823年に生まれ、30代で写真術を習得。日本初の写真館を横浜で開業し優れた門下生を多く輩出。石版印刷など写真業以外でも活躍し、日本の近代化に貢献したとされる。

 【写説】蓮杖の名前が出てくる校歌を歌う6年生=下田市三丁目の下田公園

各地の最新の写真
伊東
丹精した70種、100鉢 伊東・友の会「夏の山野草展」
下田
鮮魚、干物特売など盛況 伊豆漁協水産まつり―下田
中伊豆
「スイカまつり」にぎわう 6産地の食べ比べ好評―GW函南
熱海
歌、美術、書など成果披露 15団体参加し総合発表会―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)