学生の視点で「風景100選」 早大ゼミ松崎班

下田版 2018年06月13日

伊豆キャンドルフェスの会場で、アンケート調査に取り組む学生たち=西伊豆町の堂ケ島公園
伊豆キャンドルフェスの会場で、アンケート調査に取り組む学生たち=西伊豆町の堂ケ島公園

 ■継続的な活動スタート

 早稲田大社会科学部の卯月ゼミ(都市・コミュニティデザインゼミ)の学生が本年度から、松崎町で「みんなで選ぶ MATUZAKI風景100選」の作成を進めている。住民に町に対する関心や誇りを持ってもらうことを目的に活動している。

 同ゼミは同町で過去になまこ壁の調査活動の手伝いを実施している。ゼミの学生(3、4年生)約50人のうち、13人が本年度から「松崎班」として継続的な活動をスタートした。数年かけ「風景100選」は完成させる。中学生、高校生に参加を呼びかけ、100選を選定する。

 学生たちは、4月に活動をスタートした。本年度は行政や町の人々の間に入り、学生ならではの視点で、町全体の景観を守ることへの関心を高めるきっかけづくりに取り組む。地域の行事などに参加し町に関する知識を深め、住民と積極的にコミュニケーションを図っている。

 9日夜は、西伊豆町の堂ケ島公園で開かれた「伊豆キャンドルフェス」で街頭アンケートを実施した。「町の課題だと思うことは何か」「大学生の町づくり参加に期待することは」と質問した。回答を集めた。班長の谷岡那知さん(4年)は「町の人たちに受け身ではなく、地元のことを自分たちで考えるという思いを持ってほしい。『みんなでつくる』ということを大切にしていきたい」と話した。

 【写説】伊豆キャンドルフェスの会場で、アンケート調査に取り組む学生たち=西伊豆町の堂ケ島公園

各地の最新の写真
伊東
伊東市危安協・井原さん 全国理事長表彰―防災対策啓発など評価
下田
日本代表勝利に酔う 賀茂各地でW杯観戦会
中伊豆
テラコッタの花飾り新装 温泉場振興会―長岡
熱海
商品の味やこだわりは 熱海高2年、販売実習へ仕入れ先訪問

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)