テングサ漁解禁 漁師「今年は不漁」―西伊豆

下田版 2018年06月04日

テングサを天日干しする地元漁師=西伊豆町仁科
テングサを天日干しする地元漁師=西伊豆町仁科

 ■赤茶色のじゅうたん登場

 全国屈指のテングサ産地として知られる西伊豆町仁科地区で2日、テングサ漁が解禁となった。今年は不漁で、海に繰り出した漁師らは肩を落としている。漁は9月中旬ごろまで。

 仁科漁港などでは水揚げされたテングサが天日干しされ、「赤茶色のじゅうたん」が次々とお目見えした。

 伊豆漁協仁科支所の山本伸人支所長によると、例年の漁協収穫量は50~60トンだが、今年は半分を割る可能性もある。潮流や海水温度などが影響したとみられている。

 毎年3トンほど収穫している地元漁師の鈴木正功さん(78)は、初日の収穫量から「1トンも厳しいのではないか」と予想。「(例年と比べ)3分の1か、悪ければ4分の1ぐらいになりそう。収入の半分ほどがテングサなので痛手としか言えない」と話した。

 【写説】テングサを天日干しする地元漁師=西伊豆町仁科

各地の最新の写真
伊東
「若者と伊東、元気に」 18、25日にJCフェスタ
下田
サンマ漁船「豊幸丸」北へ 県内唯一 安全航海と大漁祈る―西伊豆・安良里
中伊豆
JA函南東部と日大国際 丹那牛乳の魅力発信
熱海
多賀中が東海優勝 水泳の400メートルフリーリレー―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)