きょうから遊歩道開放 洞窟内は立ち入り禁止―下田・龍宮窟

下田版 2018年04月14日

下田市の人気のジオサイト「龍宮窟」=昨年7月撮影
下田市の人気のジオサイト「龍宮窟」=昨年7月撮影

 倒木事故を受け、立ち入り禁止となっていた下田市田牛の人気ジオサイト「龍宮窟」は、14日から遊歩道を開放する。洞窟内は引き続き、落石などの安全確認のため立ち入り禁止とする。

 事故は、7日午前11時半ごろ発生した。県外に住む男女2人が洞窟内で、自撮り棒で撮影していたところ、上から落ちてきた樹木に当たった。女性は軽傷だったが、男性は肩の骨を折る重傷を負った。

 事故を受け、管理する市は立ち入り禁止とし、倒木の恐れがある樹木の伐採作業を進めていた。洞窟内は落石の心配もあるため、今後は斜面をチェックし、必要に応じて対策を講じていく。

 龍宮窟は近年、メディアへの露出増やネットによる拡散効果で人気が急上昇。昨年夏の実績では、専用駐車場に平日で一日70~80台、土・日曜日で一日120~130台の利用があった(本社調べ)。

 事故後、閉鎖を知らずに訪れる観光客も多い。13日午前、埼玉県狭山市から来たカップルの男性(33)は「ネットで話題のスポットなので、ぜひ見てみたかった。(隣の)サンドスキー場でも見て帰る」と残念そうだった。

 龍宮窟 波に削られてできた海食洞(かいしょくどう=海の洞窟)。天井の一部が崩れ、直径50メートルほどの天窓が開く。龍宮窟を見下ろす遊歩道からはハート形の海食洞を見ることができ、愛のパワースポットとしても人気がある。

 【写説】下田市の人気のジオサイト「龍宮窟」=昨年7月撮影

各地の最新の写真
伊東
今年も「真っ赤な大輪」 伊東の大川さん、テロピア出荷本格化
下田
レンゲの花で王冠、親子連れでにぎわう 大賀茂レンゲ祭り―下田
中伊豆
児童60人熱戦、土俵際で攻防 三島で「わんぱく相撲」
熱海
網代で25・3度 ハマヒルガオ、多賀地区で開花―熱海

最新写真特集