きょうから山菜狩り 一足早く園児歓声―稲取細野高原

下田版 2018年04月14日

「いっぱい採れたよ」とワラビを見せる稲取保育園児=東伊豆町稲取の細野高原
「いっぱい採れたよ」とワラビを見せる稲取保育園児=東伊豆町稲取の細野高原

 ■「いっぱい採れたよ」 

 東伊豆町稲取、細野高原でワラビやゼンマイが採り放題の山菜狩り園が14日、オープンする。13日は招待された稲取保育園児45人が一足早く歓声を上げて楽しんだ。

 約90ヘクタール(東京ドーム19個分)の広さを誇るイベント。稲取地区特別財産運営委員会が毎年主催している。

 今年は2月18日の山焼き後、温かかったため例年より1週間ほど芽の出始めが早く、良好に生育している。昨年に続き、鶏ふん肥料を園内道路沿いにまいた効果もあるという。

 園児たちは「見つけた」「いっぱい採れたよ」と元気な声を響かせ、次々とつみ採り自宅に持ち帰った。

 開園は5月6日まで午前8時~午後3時で雨天中止。入山料は、一般が大人500円、小学生200円。町内居住者が大人200円、小学生無料。町内宿泊者が大人300円、小学生100円。問い合わせは町観光協会〈電0557(95)0700〉へ。

 【写説】「いっぱい採れたよ」とワラビを見せる稲取保育園児=東伊豆町稲取の細野高原

各地の最新の写真
伊東
今年も「真っ赤な大輪」 伊東の大川さん、テロピア出荷本格化
下田
レンゲの花で王冠、親子連れでにぎわう 大賀茂レンゲ祭り―下田
中伊豆
児童60人熱戦、土俵際で攻防 三島で「わんぱく相撲」
熱海
網代で25・3度 ハマヒルガオ、多賀地区で開花―熱海

最新写真特集