車内に「伊豆の花」飾る 30日までロイヤル・エクスプレス

下田版 2018年04月10日

車内で花を挿し替える後藤さん(左)=下田市の伊豆急下田駅
車内で花を挿し替える後藤さん(左)=下田市の伊豆急下田駅

 東急電鉄と伊豆急行は、豪華観光列車「ザ・ロイヤル・エクスプレス」の一部車両を、伊豆地区産の花を使った生け花で装飾している。春らしい雰囲気を演出しながら運行している。30日まで。

 生け花はテーマが「伊豆爛漫(いずらんまん)」で、JA伊豆太陽の生産者が育てたカーネーション、花麦、ストレリチア、カンパニュラを計200本以上使用。直径約60センチ、高さ約60センチで後ろのワセミカンの木が印象的な作品だ。河津町を拠点に活動するフラワーアーティスト・後藤清也さん(29)が「万華鏡をのぞき込んだら伊豆の花が爛漫に咲き誇っていた」というイメージで手掛けたという。

 同作品が3両目のマルチスペースに展示されているほか、洗面台やカウンターにも生け花が飾られている。6日、後藤さんら関係者6人が花の挿し替え作業をするため、下田市の伊豆急下田駅に停車中の同列車を訪れた。

 伊豆急の担当者は「花は観光資源の一つなので、生け花の導入は運行開始から望んでいた。お客さまに(それぞれの花が)伊豆の特産だということを知ってもらいたい」と話している。

 【写説】車内で花を挿し替える後藤さん(左)=下田市の伊豆急下田駅

各地の最新の写真
伊東
一時不停止多い自転車事故の原因 伊東商高で交通講話
下田
「今年こそ優勝を」 小学生カッターチーム始動―南伊豆
中伊豆
国際的価値証明など10項目 GGNの指摘クリア―伊豆ジオ
熱海
リーダー講習会など継続 熱海市子連が総会

最新写真特集