295人、海岸、野山駆ける―西伊豆でジオロゲイニング

下田版 2018年03月19日

星野町長の号砲でスタートする参加者=西伊豆町仁科の健康増進センター
星野町長の号砲でスタートする参加者=西伊豆町仁科の健康増進センター

推協が大会

 伊豆半島ジオパーク推進協議会は18日、西伊豆町を舞台にロゲイニング大会を開いた。ジオサイトなど町内65カ所のチェックポイントを制限時間内に巡り得点を競う大会で、3回目になる。全国から1~67歳の295人が参加し海岸や野山を駆け巡った。

 参加者は徒歩と路線バスで、大沢里のわさびの駅や黄金崎の馬ロックなどを巡った。場所ごとにもらえる得点が異なり、最高得点は丹野平だった。

 仁科の健康増進センターで開会式が行われた。推進協の鈴木伸二事務局長が「ジオパークは自然だけでなく、土地の食べ物や文化も楽しめる公園。地形や風土を味わってほしい」とあいさつした。星野浄晋町長の号砲で、一斉にスタートした。

 【写説】星野町長の号砲でスタートする参加者=西伊豆町仁科の健康増進センター

各地の最新の写真
伊東
絶滅危惧種 クマガイソウ満開―伊東・里山のガーデンに250株
下田
川風受け、こいのぼり 松崎・八木山橋、住民寄贈の30匹
中伊豆
きょうから小品盆栽・山野草展 伊豆の国・山岸園
熱海
早咲きツツジ三分咲き 例年より2週間早く開花―熱海姫の沢公園

最新写真特集