若衆が神楽奉納 勇壮に4曲舞う―西伊豆・駒形神社

下田版 2018年02月12日

太鼓や笛の音に合わせて神楽を奉納する地元若衆=西伊豆町中の駒形神社
太鼓や笛の音に合わせて神楽を奉納する地元若衆=西伊豆町中の駒形神社

 西伊豆町中の駒形神社で11日、町指定無形民俗文化財の神楽が奉納された。住民が見守る中、若衆が舞を神前にささげて五穀豊穣(ほうじょう)や無病息災を祈願。奉納後には、境内に集まった子どもたちに威勢良く豆や菓子を振る舞い、今年一年の無事を祈った。

 寺川地区に伝わる神楽奉納で、江戸時代後期の1840年代に始まったとされる。獅子頭をかぶった若衆たちが、太鼓や笛の音色に合わせて「サガリハの舞」「鈴の舞」「神の舞」「くるいの舞」の4曲を勇壮に披露。境内に集まった人たちが大きな拍手を送った。

 毎年2、11月の年2回奉納している。当時唯一の輸送手段だった馬力馬と農耕馬が祭られ、現在は五穀豊穣を祈願する農業の神様として信仰されている。

 奉納後の豆まきは、地元青年会が実施した。

 【写説】太鼓や笛の音に合わせて神楽を奉納する地元若衆=西伊豆町中の駒形神社

各地の最新の写真
伊東
伊東ジュニア陸上に伊豆賞 本社からブロンズ像
下田
夜の河津桜、楽しみ歩く 観光客や住民ら170人―まつり実行委
中伊豆
中高生4人に手話指導 五輪・パラに向け講座―伊豆
熱海
生ワカメ詰め放題盛況 2イベント同時開催―熱海・長浜海浜公園

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)