ゴマフアザラシのアルト 4歳で“嫁入り”―下田海中水族館

下田版 2018年01月24日

飼育員から餌をもらうゴマフアザラシのアルト=下田市三丁目の下田海中水族館
飼育員から餌をもらうゴマフアザラシのアルト=下田市三丁目の下田海中水族館

 ■ハルキチと同居、出産期待

 下田市三丁目の下田海中水族館(阪本清嗣総支配人)にこのほど、雌のゴマフアザラシ「アルト」が“嫁入り”した。一般公開していて、元気に泳ぎ回る姿が来館者の目を引いている。

 アルトは、昨年11月末に福井県坂井市の越前松島水族館から繁殖のためにやってきた。2013年4月4日生まれの4歳で、体調1・2~1・3メートル。やや気の強い性格をしている。下田海中水族館の「アザラシ池」で雄のハルキチと同居しており、うまくいけば来年には出産も望めるという。

 飼育課の職員は「アザラシの中では美人の顔つきをしている。かわいらしい姿をぜひ見に来てほしい」と呼び掛けている。

 ゴマフアザラシは、全身の黒い斑点が特徴で、オホーツク海や日本海、ベーリング海などに幅広く生息する。3~5歳で成体になり、雌は1回の出産で1匹の子どもを産むという。

 問い合わせは、下田海中水族館〈電0558(22)3567〉へ。

 【写説】飼育員から餌をもらうゴマフアザラシのアルト=下田市三丁目の下田海中水族館

各地の最新の写真
伊東
キネマ通りに巨大飾り 「伊東MAGARI雛」きょう開幕
下田
18年ぶり、一般会計100億円台 下田市18年度予算案 
中伊豆
事前説明会に3陣営 函南町長選
熱海
国保事業、データヘルス計画「妥当」 熱海市運営協が答申

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)