キャシュレス決済導入へ インバウンドセミナー―河津町商工会

下田版 2017年11月09日

キャッシュレス決済について聴くセミナー参加者=河津町商工会館
キャッシュレス決済について聴くセミナー参加者=河津町商工会館

 ■桜まつりめどに促進

 河津町商工会(飯田正臣会長)は6日、同商工会館で「買い物環境整備・インバウンド受け入れセミナー」を開いた。キャッシュレス決済と中国語会話を研修した。

 来春の「河津桜まつり」をめどに町内の会員事業所のキャッシュレス化(クレジットカードや電子決済対応)を促進している。町の補助を受け、決済端末導入の対象経費の3分の2、18万円を上限に補助する。

 セミナーは金融機関などから専門家を講師に迎え「キャッシュレス化を通じた地方創生」「インバウンド中国語講座」などの講演を聴いた。約25人が熱心に耳を傾けた。

 飯田会長は「カード決済できる環境を整え売り上げ向上につなげたい」とあいさつした。

 【写説】キャッシュレス決済について聴くセミナー参加者=河津町商工会館

各地の最新の写真
伊東
高齢者交流拠点 湯川初の「居場所」開設―伊東市社協など
下田
潮かつお作り最盛期―西伊豆・田子
中伊豆
東海第一の庭園公開 紅葉、色づきは遅め―伊豆・修禅寺
熱海
初島の計画策定へ、委員7人委嘱 景観デザイン会議―熱海

最新写真特集