事前説明会に2陣営 河津町長選、一騎打ちの選挙戦濃厚

下田版 2017年11月08日

高川委員長(左)のあいさつを聞く2陣営の出席者=河津町役場
高川委員長(左)のあいさつを聞く2陣営の出席者=河津町役場

 河津町選挙管理委員会(高川千里委員長)は7日、町役場で住民投票による解職に伴う出直し町長選の立候補予定者事前説明会を開いた。すでに出馬表明している前職の相馬宏行氏(57)=川津筏場=と、元副町長で新人の岸重宏氏(67)=峰=の2陣営が出席、一騎打ちが濃厚となった。

 高川委員長は「政策や主張を分かりやすく訴え、不正のない明るい選挙をしてほしい」とあいさつ、選管事務局や下田署、伊東郵便局の担当者らが選挙運動の注意点などを説明した。立候補届け出書類事前審査は15日に行われる。

 10月22日現在の有権者数は6435人(男3121人、女3314人)。

 【写説】高川委員長(左)のあいさつを聞く2陣営の出席者=河津町役場

各地の最新の写真
伊東
高齢者交流拠点 湯川初の「居場所」開設―伊東市社協など
下田
潮かつお作り最盛期―西伊豆・田子
中伊豆
東海第一の庭園公開 紅葉、色づきは遅め―伊豆・修禅寺
熱海
初島の計画策定へ、委員7人委嘱 景観デザイン会議―熱海

最新写真特集