パラグライダ一体験 東伊豆の20代従業員

下田版 2017年11月07日

パラグライダーを体験する東伊豆町で働く20代従業員=河津町見高の今井浜フライングスクール
パラグライダーを体験する東伊豆町で働く20代従業員=河津町見高の今井浜フライングスクール

 ■若者定着促進で企画 町地域おこし協力隊

 東伊豆町内で働く20代従業員を対象にしたパラグライダー体験会が6日、河津町見高の今井浜フライングスクールで開かれた。東伊豆町外出身の男女9人が伊豆の自然とスポーツに親しんだ。

 若者の同町内定着促進を目的に町地域おこし協力隊の荒武優希さんが企画、旅館従業員の女性5人、男性4人が参加した。細野高原で予定したが風が強く、会場を変えた。

 同スクールと稲取の伊豆フライトハウスのインストラクターの指導で、緩斜面を駆け下り最高2メートルほどの浮遊感覚を初体験した。1回目できれいに浮く人もいて歓声が湧いた。宮坂まりんさん(18)は「すごく上に引っ張られたけど、とても楽しい」と声を弾ませた。

 体験会は、20代従業員を集めた「第2回ひがしいず同期会」(9月27日、稲取温泉旅館協同組合・熱川温泉旅館組合主催)で行った研修で発案された。スキューバダイビングもこのほど行った。

 【写説】パラグライダーを体験する東伊豆町で働く20代従業員=河津町見高の今井浜フライングスクール

各地の最新の写真
伊東
高齢者交流拠点 湯川初の「居場所」開設―伊東市社協など
下田
潮かつお作り最盛期―西伊豆・田子
中伊豆
東海第一の庭園公開 紅葉、色づきは遅め―伊豆・修禅寺
熱海
初島の計画策定へ、委員7人委嘱 景観デザイン会議―熱海

最新写真特集