愛らしく猿っ子踊り 秋祭り最終日―西豆

下田版 2017年11月04日

猿に扮した漁師が海賊を追い払った故事にちなむ「猿っ子踊り」を披露する赤装束の子どもたち=西伊豆町宇久須
猿に扮した漁師が海賊を追い払った故事にちなむ「猿っ子踊り」を披露する赤装束の子どもたち=西伊豆町宇久須

 ■安良里、宇久須にぎわう

 秋祭り最終日を迎えた松崎、西伊豆両町は3日、晴天に恵まれ、各地区で子どもたちが太鼓演奏や山車巡行などをにぎやかに繰り広げた。西伊豆町の安良里、宇久須地区では、地元の児童が赤装束で猿に扮(ふん)して踊る伝統芸能を披露し、観衆を沸かせた。

 出崎神社(宇久須)では、小学2~5年の男子児童4人が伝統の「猿っ子踊り」を披露。女子児童や生徒らが奏でる太鼓の音に合わせて、もりで突いたり、逆立ちをしたりして、猿に扮した漁師が海賊を追い払った故事にちなむ踊りを演じた。

 子どもたちの懸命で愛らしい姿に、集まった住民から大きな拍手が送られた。

 【写説】猿に扮した漁師が海賊を追い払った故事にちなむ「猿っ子踊り」を披露する赤装束の子どもたち=西伊豆町宇久須

各地の最新の写真
伊東
高齢者交流拠点 湯川初の「居場所」開設―伊東市社協など
下田
潮かつお作り最盛期―西伊豆・田子
中伊豆
東海第一の庭園公開 紅葉、色づきは遅め―伊豆・修禅寺
熱海
初島の計画策定へ、委員7人委嘱 景観デザイン会議―熱海

最新写真特集