絵画や写真、生け花… 前期展示部門が開幕―下田市芸術祭

下田版 2017年11月04日

市民の秀作80点以上が並ぶ芸術祭=下田市民文化会館小ホール
市民の秀作80点以上が並ぶ芸術祭=下田市民文化会館小ホール

 第62回下田市芸術祭前期部門が3日、市民文化会館で開幕した。展示部門では、絵画、写真、生け花など市民の秀作80点以上が並び、来場者の目を引いている。5日まで。

 同館小ホールでは、書43点を展示している。達筆な漢詩や俳句、個性的な文字が印象的な四字熟語などの作品が四方を飾っている。市内に住む藤井静恵さんは、各作品に目を凝らしながら「見事なものばかり。いろいろな書き方があって面白い」と感想を語った。

 前期部門では5日に洋楽洋舞、芸能・演劇、将棋大会がある。後期部門は10~12日で、11日に俳句大会、12日に邦楽邦舞が行われる。

 【写説】市民の秀作80点以上が並ぶ芸術祭=下田市民文化会館小ホール

各地の最新の写真
伊東
高齢者交流拠点 湯川初の「居場所」開設―伊東市社協など
下田
潮かつお作り最盛期―西伊豆・田子
中伊豆
東海第一の庭園公開 紅葉、色づきは遅め―伊豆・修禅寺
熱海
初島の計画策定へ、委員7人委嘱 景観デザイン会議―熱海

最新写真特集