西伊豆の佐野製麺「海賊焼」が入賞―麺1グランプリ

下田版 2017年10月03日

トロフィーと賞状を手に入賞の喜びを報告する佐野代表(左)、加賀専務(中央)=西伊豆町役場
トロフィーと賞状を手に入賞の喜びを報告する佐野代表(左)、加賀専務(中央)=西伊豆町役場

 ■焼きそば部門は1位

 群馬県館林市で1日まで2日間にわたり開催された「第7回麺−1グランプリ・イン館林」(実行委員会主催)で、西伊豆町の佐野製麺(仁科)メンバーでつくる「西伊豆海賊船団」がご当地グルメ「海賊焼」で入賞し、焼きそば部門の1位に輝いた。2日、町役場に星野浄晋町長を訪ね、喜びを報告した。

 大会は北関東や都内などから計40団体が出場。そば、うどん、ラーメン、焼きそばの4部門で競った。このうち焼きそば部門には、各地から14団体が自慢のグルメで出店。今回海賊船団はイカ墨を練り込んだ真っ黒な麺と特製塩だれが特徴の海賊焼で挑み、約1300食分を売り上げた。

 佐野製麺の佐野俊子代表、加賀延明専務が賞状とトロフィーを持参し、報告した。佐野代表は「おいしいと評判で、リピーターも多かった。来年は総合で上位を狙いたい」と話し、星野町長は「ぜひ来年はグランプリを目指して」と期待を込めた。

 【写説】トロフィーと賞状を手に入賞の喜びを報告する佐野代表(左)、加賀専務(中央)=西伊豆町役場

各地の最新の写真
伊東
山口君(伊東高1年)手帳甲子園に出場 「独自記号で生活管理」
下田
「力合わせ、町を元気に」 斎藤町長ら、退任あいさつ―松崎
中伊豆
函南駅に駐輪場新設 140台、防犯カメラも―県道拡幅対応
熱海
熱海の食の在り方考察 地域創生トレセンプロジェクト―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 ペットの楽園「伊豆高原特集」&伊豆自慢の温泉めぐり(PDF)