リコール期日前投票始まる 初日は夕までに96人―河津町

下田版 2017年09月20日

住民投票の期日前投票をする町民=河津町保健福祉センター
住民投票の期日前投票をする町民=河津町保健福祉センター

 河津町の複合施設整備計画を巡り相馬宏行町長(57)解職の是非を問う住民投票(10月8日投開票)の期日前投票が19日、町保健福祉センター・ボランティア団体室で始まった。午後5時までに96人が行った。10月7日まで19日間と期間が長く通常の選挙と比較できないため、町選挙管理委員会は「予想よりは多いが、良い出だしかは何とも言えない」と話した。

 解職に「賛成」を投じた40代の会社員男性(笹原)は「議会や住民説明会で町長の複合施設の説明が十分ではなく疑問を持った。事業費に透明性を持たせるべきだ。17億円かけて町民皆が利用できる施設とは思えない。その分、各地の防災対策を進めてほしい」と求めた。

 「反対」を投票した30代の会社員女性(谷津)は「町長は子育て支援や子どもが住みやすい環境を一番考えてくれている。複合施設ができれば、学童保育のスペースが広くなる。文化ホールで発表会ができるようになり、雨の日でも学校体育館を子どもが使える」と期待を寄せた。

 期日前投票は午前8時半~午後8時。問い合わせは町選管〈電0558(34)1957〉へ。

 【写説】住民投票の期日前投票をする町民=河津町保健福祉センター

各地の最新の写真
伊東
一日署長・岩崎アナ 「詐欺被害多発、注意を」―伊東署
下田
多彩な力作44点 河津で「友画」が作品展
中伊豆
災害支援協定を締結 駿東伊豆など3消防本部と東部生コン組合
熱海
獅子が「かみつき」 今宮神社例大祭、神楽や稚児舞を奉納―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)