アボちゃんサポーターへ、稲取高生10人を委嘱 県賀茂保健所

下田版 2017年09月13日

アボちゃんサポーターの委嘱状を受ける生徒=東伊豆町の稲取高
アボちゃんサポーターの委嘱状を受ける生徒=東伊豆町の稲取高

 ■校内外で献血啓発

 県賀茂保健所は12日、高校生の献血広報ボランティア「アボちゃんサポーター」の委嘱式を県立稲取高(鈴木政昭校長)で開いた。藤本真一所長ら4人が同校を訪れて、2、3年生10人に委嘱状を手渡した。

 藤本所長が「10~30代の献血者が減少しているので、献血は誰にでもできる大切なことだと伝えてほしい」とあいさつした。2年生の田中玲奈さんは「献血をすれば助かる命が増える。多くの人の役に立てるよう頑張りたい」と抱負を述べた。

 「アボちゃんサポーター」は、若年層の献血意識高揚を狙い、県が1998年に始めた事業。本年度のサポーターとなった生徒たちは、来年2月28日まで地域や学校などで献血の啓発活動を行う。

 県によると、昨年度の高校生献血者は3837人だったという。

 【写説】アボちゃんサポーターの委嘱状を受ける生徒=東伊豆町の稲取高

各地の最新の写真
伊東
風力発電機作りに挑戦 ペットボトルで親子30人―伊東でNPO
下田
沢路秀和さん(下田) 東海5位―モデルジャパン
中伊豆
児童、トップ選手ら熱戦 三島でレスリング女子オープン
熱海
飲酒運転根絶を 熱海署広報

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)