MTB 西伊豆の山本歩月ちゃん全国V、大会初出場

下田版 2017年09月13日

メダルを手に優勝を喜ぶ山本歩月ちゃん=8月、旧西伊豆町立田子中グラウンド(町提供)
メダルを手に優勝を喜ぶ山本歩月ちゃん=8月、旧西伊豆町立田子中グラウンド(町提供)

 ■「曲がるの楽しい」

 西伊豆町立伊豆海認定こども園の山本歩月ちゃん(6)=同町田子=が、8月に長野県で開かれたJOCジュニアオリンピックカップ・全国ユース選抜マウンテンバイク(MTB)大会に出場し、キッズA女子(未就学児・補助輪なし)部門で優勝した。初の大会出場という歩月ちゃんは「優勝できて良かった」と振り返り、より高い目標に向けて日々練習に励んでいる。

 大会には5歳児までの男女18人が各県から出場。同部門には静岡、長野、福島県から女子児童5人が選手登録し、歩月ちゃんは起伏のある土や砂など1キロのダートコースを舞台に、他の選手よりも30秒以上早い展開の3分12秒87でゴールした。

 日本MTB協会インストラクターでもある父親の治文さん(45)の影響で3歳からキックバイクを始めた歩月ちゃん。4歳のときには補助輪なしでMTBに乗ることができたといい、MTBの魅力について「止まるところが難しいけれど、カーブを曲がるところが楽しくて好き」と語る。

 普段は旧田子中や松崎町の牛原山などで楽しみながら練習に励み、治文さんは「日頃から練習を頑張り、結果を出す経験になって良かった」と喜んだ。

 【写説】メダルを手に優勝を喜ぶ山本歩月ちゃん=8月、旧西伊豆町立田子中グラウンド(町提供)

各地の最新の写真
伊東
高齢者交流拠点 湯川初の「居場所」開設―伊東市社協など
下田
潮かつお作り最盛期―西伊豆・田子
中伊豆
東海第一の庭園公開 紅葉、色づきは遅め―伊豆・修禅寺
熱海
初島の計画策定へ、委員7人委嘱 景観デザイン会議―熱海

最新写真特集