違反広告10点を撤去 下田市がパトロール

下田版 2017年09月05日

違反広告物を撤去する市建設課職員=下田市河内
違反広告物を撤去する市建設課職員=下田市河内

 屋外広告物適正化旬間(9月1~10日)に合わせ下田市は4日、違反広告物のパトロールと撤去作業を行った。

 建設課職員3人が車両1台に乗り込み、国道414号沿いの広告物をパトロールした。橋や街路樹などの禁止物に広告物がないか、しっかりと固定されているか、設置基準に適しているかチェックした。

 その結果、建物の壁面や塀に設置され、地図や矢印の表示がない看板など、基準を満たしていない違反広告物10点を撤去した。

 世界ジオパーク認定を目指し、2020年東京五輪・パラリンピックを控えた伊豆半島は、県の条例で今年11月から屋外広告物の規制が強化される。幹線道路や海岸沿いでは、単に設置許可が必要な普通規制地域は一部にとどまり、案内図板や自家広告物(自分の敷地内に設置する看板)のみ許可を受けて設置できる特別規制地域、または案内図板や自家広告物の許可基準をさらに厳しくした広告整備地区に格上げされる。

 特別規制地域の野立ての案内図板は、事業所などに案内・誘導するための地図または矢印を必ず表示することや、写真・絵の面積は板面の表示面積の3分の1以下などの基準がある。

 【写説】違反広告物を撤去する市建設課職員=下田市河内

各地の最新の写真
伊東
公園巡りスマホで楽しく 伊豆シャボテンに体験型アプリ
下田
リコール期日前投票始まる 初日は夕までに96人―河津町
中伊豆
天然アユ増へ産卵場造成 国交省沼津協力で重機作業―狩野川漁協
熱海
歩道沿い、樹木にハチ 十国峠伊豆山線、住民が注意喚起―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)