ウナギ14匹捕獲 稲梓小、地元川で体験楽しむ―下田

下田版 2017年07月13日

捕まえたウナギを観察する児童たち=下田市箕作
捕まえたウナギを観察する児童たち=下田市箕作

 下田市立稲梓小(竹内信子校長)の4年生17人は13日、同校近くを流れる稲生沢川でウナギ捕り体験をした。地元の自然の中で、めったにできない貴重な経験を楽しんだ。

 総合的な学習の一環で、郷土に対する理解を深める狙いで2年前に始めた。地元の有志団体「稲梓の教育と文化をすすめる会」が中心となり、稲生沢川非出資漁協のメンバーや区民が協力した。

 児童たちは、捕獲用の木筒「もじり」を使った漁に挑戦。前日に川の中に仕掛けたもじり21個を引き上げて中をのぞき込み、ウナギが入っていると「やった」と大喜びした。この日は14匹が捕れ、給食でかば焼きにして味わった。鈴野絢未さんは「生きているウナギを初めて見た。本物ってすごい」と話した。

 【写説】捕まえたウナギを観察する児童たち=下田市箕作

各地の最新の写真
伊東
「看多機、在宅医療支援に不可欠」 伊東市介護専門員協が研修会
下田
森林計画研究発表 いしい林業、樹芸研が全国へ―南伊豆
中伊豆
彼岸の入り 各地で墓参り―三島・田方
熱海
墓地掃除、故人しのぶ 秋の彼岸入り―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)