救命設備や避難体制 下田海事事務所、旅客船の安全総点検

下田版 2017年07月08日

船内で書類を点検する職員(左)=下田市の下田港湾内
船内で書類を点検する職員(左)=下田市の下田港湾内

 中部運輸局静岡運輸支局下田海事事務所は7日、旅客船の夏季安全総点検を実施した。伊豆クルーズの所有船舶「サスケハナ」「マリンバード」の立ち入り調査を行い、乗船者の安全管理や非常時の連絡体制などを確認した。

 海難事故の未然防止と海事事業者の安全意識高揚を狙い、毎年夏季のレジャーシーズン前に実施している。

 下田市外ケ岡の下田港から職員2人がサスケハナに乗り込み、海上を遊覧中に消火・救命設備の有無や避難時の誘導・通報体制、運航記録など約40項目を点検した。安田敬輔運航労務監理官は「運航基準を順守し、乗船者の安全確保に万全を期してほしい」と話した。

 同事務所は4日にも、西伊豆町で堂ケ島マリンの船舶5隻を点検した。

 【写説】船内で書類を点検する職員(左)=下田市の下田港湾内

各地の最新の写真
伊東
「看多機、在宅医療支援に不可欠」 伊東市介護専門員協が研修会
下田
森林計画研究発表 いしい林業、樹芸研が全国へ―南伊豆
中伊豆
彼岸の入り 各地で墓参り―三島・田方
熱海
墓地掃除、故人しのぶ 秋の彼岸入り―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)