地域おこし、新協力隊員に4人委嘱 西伊豆町

下田版 2017年07月07日

星野町長(右)から委嘱状を受ける新たな地域おこし協力隊のメンバー=西伊豆町役場
星野町長(右)から委嘱状を受ける新たな地域おこし協力隊のメンバー=西伊豆町役場

 ■「ならではの魅力発信」

 西伊豆町は6日、町の新たな地域おこし協力隊の隊員に決まった4人に対する委嘱状交付式を町役場で開いた。星野浄晋町長は「それぞれの新しい視点から、町の魅力や情報の発信に力を発揮してほしい」と激励した。

 委嘱を受けたのは元配管設備会社員の潟見邦代さん(37)=埼玉県出身=、道の駅で対面販売などに従事した鈴木剛さん(42)=沼津市出身=、元地質調査船甲板員の福井建人さん(31)=静岡市出身=、ドローン空撮会社代表の本間一成さん(40)=裾野市出身=。町の地域おこし協力隊は6人体制になる。

 都内の飲食サービス業界で店長を務めた経験もあるという鈴木さんは「おいしい食べ物など、地域に点在する魅力をまとめてPRできるような発信をしたい」、不動産業の経験もあるという本間さんは「ドローンを使って普段とは違った角度の映像や景色を撮影し、西伊豆ならではの魅力を発信していきたい」と意気込みを語った。任期は最長で3年間。

 【写説】星野町長(右)から委嘱状を受ける新たな地域おこし協力隊のメンバー=西伊豆町役場

各地の最新の写真
伊東
公園巡りスマホで楽しく 伊豆シャボテンに体験型アプリ
下田
リコール期日前投票始まる 初日は夕までに96人―河津町
中伊豆
天然アユ増へ産卵場造成 国交省沼津協力で重機作業―狩野川漁協
熱海
歩道沿い、樹木にハチ 十国峠伊豆山線、住民が注意喚起―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)